カラン・シング  米国特許弁護士


カランはワシントンDCの某法律事務所の元パートナーであり、またフォーチュン500の一社であるテクノロジー会社の知的財産カウンセルを務めていました。カランは化学、油田技術及び電子工学の分野に主に携わっています。カランは知的財産に関連するほぼ全ての業務分野においてクライアント様にアドバイスを提供した経験を有しており、特に以下の分野に関する実務経験が豊富です:
・米国特許商標庁にかかわる依頼者の代理業務、特許ポートフォリオの計画及び管理。これらの実務経験には、特許出願の準備及び手続、異議申立及び審判手続、特許性(新規性、自明性、実用性など)及び自由に実施可能(FTO)についての評価、無効及び非侵害の鑑定、知的財産権の実施許諾、業務提携契約、秘密保持契約等が含まれます。
・中小企業及びスタートアップ企業の海外納入業者及びアウトウトソーシングの取り決めに関するIP顧問業務。
・特許、商標および著作権分野における訴訟支援。

カランは2005年~2011年にかけて日本において外国法事務弁護士として登録されており、彼は北東北地方で初めての外国法事務弁護士でした。また、1979年~1988年までカランはインド及び米国に営業所を置くある企業の経営に積極的に携わり、インドと米国間の合弁事業、技術移転及びの実施許諾業務のアドバイザーを務めていました。