Michael J. Ryan Ph.D.、米国特許弁護士 オブカウンセル

Michael J. Ryan法律業界に入る前、Michael Ryanは製薬業界で研究職に従事していました。Michaelは、8つの米国特許の発明者であり、バイオテクノロジーの様々な分野において数多くの著作をしてきました。Michaelは、低分子量化合物、化学および生体触媒プロセス、治療用タンパク質を含む広範な技術分野の知的財産権に関わる事案に携わってきました。Michaelは、特許出願~中間処理対応やポートフォリオ管理について、バイオテクノロジー、化学および医薬の分野に関してクライアントの皆様にカウンセリングを提供しています。また、Michaelは、米国特許商標庁の審判部におけるインターフェアランスの手続きや、欧州特許庁における特許異議申し立て手続きに関わったこともあります。

業務分野

  • 特許出願~中間処理対応
  • 知的財産ポートフォリオ管理
  • Freedom-to-operate調査
  • 非抵触調査
  • 米国特許再発行および再審査の対応

プレゼンテーション

  • “Patent Reform Legislation – The First To File Wins,” presented May 17, 2011 at the Laboratory Robotics Interest Group, Mid Atlantic Chapter’s 17th Annual Technology Exhibition in New Brunswick, NJ